「つくる」と「たべる」をひとつに。

Frying Pan JIUは、東京のデザインオフィス "TENT" と大阪の町工場 "藤田金属" が試行錯誤の末に創り出した、デザインと実用性を兼ね備えたお皿になる鉄のフライパンです。

厚手の鉄板だから引き出すことができる美味しさ

木の温もりとスムーズな脱着が心地よいハンドル

食卓にそのまま出しても違和感のないデザイン

工場で独自の焼き付け加工を施しているので、手間のかかる使い始めの油ならしは不要。調理をしたらそのまま食卓へ。食事が終わったら洗剤を使わずに水とたわしで流すだけ。

使えば使うほど油が鉄に馴染み

深みが増して味わいと愛着が生まれる

家族で営む町工場 "藤田金属" が「つくる」と「たべる」を一つにする、Frying Pan JIUをお届けします。

Frying Pan JIU

そのまま食卓へ

お皿のような鉄のフライパン

食卓にそのまま出しても違和感がないお皿のような佇まいの鉄フライパンで、料理の"味""見た目"もよりおいしく。

お皿に盛り付け直す必要がなく鉄製なので、料理を暖かいまま食べれるだけでなく、洗い物も少なくしてくれる。

Frying Pan JIUが、「つくる」と「たべる」を自然とひとつにする、新しい食の体験をお届けします。

素材を最大限に活かす

道具と食材、どちらの良さも引き出す

厚さ1.6mmという厚手の黒皮鋼板を、塗装せずに鉄の素材そのままので使用。

鉄の醍醐味でもある使えば使うほど熟成する過程を、世代を超えて楽しむことができます。

弱火でじっくり焼くだけでお肉はジューシーに、野菜はシャキシャキに。食材の味も食感も最大限に引き出します。

お手入れ簡単

箱から出してすぐに使える

藤田金属独自のハードテンパー加工(焼き付け加工)を施しているため、使い始めの「油ならし」が不要。

使い終わった後は洗剤を使わずブラシ等で洗って流すだけで、使えば使うほどより使いやすくなる。

焦げ付きにくく、サビにくく、手軽に美味しく調理できる鉄フライパンです。

【デザインだけじゃない。FRYING PAN JIUに追求した利便性】

プロダクトラインナップ